自分ノート

~自戒と教訓の旅~

【後編】初めてのコミティア参戦記【関西コミティア50】

・・・ 前回からの続きです。

 

sasurainoyama.hatenablog.com

 

 スタッフ「そろそろ開場ですので皆様、お立ちくださーい!」

 

「ついに来たか・・・。」

 

そこには凛とした雰囲気と心地良い緊張感があった。

 

 

目次

 

 

││聖者の行進

 スタッフ「ティアズマガジンを頭の上に上げて入場してくださーい!!」

 

その声が大きく響いた瞬間だった。

 

「スッ・・・・・・」

 

隊列を構成する全員が何の迷いもなく頭の上にティアズマガジンを持ち上げたのだ。

 

そして隊列は会場内へと歩を進める。

 

 (((;゚Д゚)))「宗教隊列だ・・・。聖者の行進だ・・・。」

 

 

スタッフ「あざーっす!あざーっす!あざーっす!」

 

 

∑(`□´/)/!?!?!?

 

(`□´) (あれが同人誌展示即売会に生息する”スタッフ”という生き物か・・・。)

(`□´) (いや、こちらこそ本当にありがとうございます。)

 

それは人生で初めて「あざーっす!」の洗礼を受けた瞬間だった・・・。

 

 幾度となく自分の身体をすり抜ける「初体験」に腰を抜かしそうになった。

あまりの勢いに少しついて行けなくて、ティアズマガジンを顔あたりにこっそりと持ち上げた。無意識に自分の照れた顔を隠したかったのだろう。

 

スタッフ「ティアズマガジンは頭の上によく見えるように上げてくださーい!!」

 

「・・・すみません。」

 

 

││いざ、会場へ!!

薄暗くて狭い出入り口を出ると、そこには確かな活気が溢れていました。一緒に来た友人に別れを告げて我が歩を進めるは「東京COMITIA委託コーナー」。

「早く買いたい」「早く買わなくちゃ」というせっかち特有の思考で気づいた時には目的地に向かって競歩でした。ぶっちゃけ、「走る」「競歩」等の行動は大変危険だと思います。会場内の通路は狭いし人も多いです。私も歩いているだけで誰かとぶつかりそうになりました。お目当ての本1つにしても一瞬で無くなる訳でもないのでそこは気楽にのんびり行くべきだと思いました。

 

「東京COMITIA委託コーナー」に到着。安倍吉俊の「惑星ラーン」村田蓮爾の「answer to the question」を購入。2冊で2300円でした。(前者800円後者1500円)

この時、野口さんを確保しておきたくて全部100円玉で払いました。が、財布から出すのも数えるのも大変でスタッフさんには苦労をかけました。あの時は申し訳なかったです。混んでいなかったので助かりました。やはり、小銭もある程度必要だけどお札もある程度必要だなと思いました。この時点で予算は残り2700円開場して10分ほど

 

 

││ホタテユウキさんに会いに行く

東京COMITIA委託コーナーに何の未練もなく立ち去るさすらいのやま。向かうはホタテユウキさんのサークル「meuniere」

 

 

※下記の会話はさすらいのやまの記憶を元に構成されています。一部、さすらいのやま自身に都合が良いように内容が改ざんされている可能性があります。ご了承下さい。

 

(((^ω^)))「し、新刊セットくださーい・・・。」

 

ホタテユウキ「はいー!1000円ですー!」

 

(((^ω^))) (新刊セット、ゲットだお・・・。) ※予算残高1700円 開場して15分ほど

 

ホタテユウキ「あっ、既刊もあるので良ければー!」

 

 

(((^ω^))) (!?)

 

(((^ω^))) (ホタテさん、既刊あるとか告知してましたっけ・・・?)

 

(((^ω^))) (とりあえず目を通すお・・・。)

 

 

(((^ω^)))「買うお」

※予算の都合で「死灰 NUCLEAR FALLOUTのみをお昼ごはん代1000円で購入。※予算残高1700円

(他の既刊は次の機会に買わせて頂きます。)

 

 

(((^ω^))) (目の前に憧れのホタテユウキさんがいるお・・・。)

 

(((^ω^)))「いっ、いつもtwitterで見てます!」

 

ホタテユウキ「ありがとうございます。twitter、お名前は何ですか?」

 

(((^ω^)))「”さすらいのやま”です・・・。」

 

ホタテユウキ「あ!さすらいのやまさんですか?!やっと会えましたね!」

 

(゚Д゚)「・・・・・・・・。」

 

_(:3」∠)_・・・・・・( ˘ω˘ ) スヤァ…

 

・・・。

 

 

 と言う訳で、前日まで入念に準備していたスピーチを強行しました。言った事の内容は前回の記事に書かせて頂いたようなものですが、まぁ簡単に言うと「あんたの絵が大好きだ!!!!」といった感じ。絶対、引かれたと思う・・・。

 その後もこの勢いにのりまくりんぐでスケブまで頼んじゃいました。ホタテユウキさんには快諾していただき、30分後ぐらいに取りに来てとのことでした。

あの時は本当にありがとうございました。

 

 

││ヤバイ、楽しい!

 その後も目星をつけたサークルさんや素敵なイラストのサークルさんを訪ねたり買ったり・・・。楽しい・・・!

 

「ここは、無数の虹が詰まった宝箱か!?」

 

と、1人で興奮していました・・・。アーティストは本当に老若男女外国の方もいました。それぞれがそれぞれの思いや情熱を持ち合わせてその場に居る。とても心地良い空間でした。

1時間程周りましたが会場の1/3も周れませんでした。私は目的を果たしてからはぶらぶら放浪していたのでそれも関係していると思います。この時、2冊ほど素敵な同人誌を購入しました。※予算残高700円

それと、 持って来ていたトートバック」と「A4クリアファイル」。これも大変重宝しました。「トートバック」は購入した同人誌をその場でスグに簡単に収納できるのが良かったです。一般的な大きさの同人誌が入るサイズで底面がしっかりあるタイプがおすすめです。また、会場ではサークルさんの名刺やチラシなどをもらうことも多いのでこの時「A4クリアファイル」などがあるとバラけずに一時的に収納が出来るのでとても便利です。

 

 

││サークルと私

基本的に会場を放浪する一般参加勢は気になったサークルを訪ねては立ち読みして買う買わないを決めます。この一連の作業を初めて体験した私ですが色々と気づいたことがありました。

 

・サークルさんたちのリアルな反応

 私が立ち読みしてそっと本を元の位置に戻し去ろうとすると物凄く暗いオーラを放つ方も居たり、スマホばかり見ていて「また来てねー」程度にふんわりしている方も居ました。結構、露骨な反応が見れるなぁとコミティアの醍醐味を味わいました。

 

・コミュニケーション

私は立ち読みする時に「試読いいですか?」と声をかけたりもしましたが黙って立ち読みした時もありました。大体、半分ずつです。

ただ、やっぱり軽い挨拶程度のコミュニケーションはあった方が良いし気持ちも良いと思います。アーティストと直接会話出来るのもコミティアの醍醐味だし。なにも無理にする必要はありませんがね。

実際、購入まではいかなくても素敵な作品をつくっていらっしゃるアーティストさんとお話して私の感想を伝えたりもしました。

サークル側もひたすら待つスタイルの人も居れば積極的に声をかけている方も居たりと大変、興味深かったです。

 

・画力サークル

私の考えた造語で「絵がめちゃくちゃ上手いサークル」のこと。画力サーはどこも列が出来ていてやはり、画力は強い武器になるんだなぁと思ったり。目引きますからね。

 

 

││疲れたので帰る

残高予算700円をどうしても使い切りたくて色々と周りましたが、使い切る事が目的になってしまってそれに疲れてしまいました。時刻は12:26。開場から約1.5時間・・・。帰ろう。一応、会場内を一周はしたのですがあまりにも体力がなくて・・・。情けない話ではありますが。

帰りにホタテユウキさんのサークルに寄って頼んでいたスケブを貰いに行きます。私の分はすっかり完成していて、その時は他の方のスケブを描いていらっしゃいました。ホタテユウキさんのスケブを頂いた時は嬉しさのあまり毛利名人ばりに「やったぞっ!」って心の中で叫びました。本当に素敵なイラストをプレゼントして頂きありがとうございます。今も大切にしています。

 

 

││お疲れ様でした・・・。

帰りの電車では戦利品だけしっかり持って死んでいました。お昼は行き付けのカレー屋さんです。

f:id:sasurainoyama:20170702111014j:plain

 

ゴオオオオオオオオオオオルゥ!!!!!!!疲れた身体にむちゃくちゃしみる美味しさです。めっちゃ美味い(大事なことなのでニ回ry)

 

帰宅して戦利品を眺めます。

f:id:sasurainoyama:20170702111300j:plain

 

どれもとても素敵な作品で大満足です。

 

と言うわけで、初めてのコミティア参戦記は以上です。初参加で様々な経験が出来て嬉しかったのと疲れたのと・・・。そしてこの記事を書くのも疲れた・・・(笑)