自分ノート

~自戒と教訓の旅~

私が「安倍吉俊」に出逢って

f:id:sasurainoyama:20180120120212j:plain

(写真:私の持っている安倍吉俊氏の画集など)

 

lain」や「灰羽連盟」最近では「Project D」や「こどものグルメ」で知られるイラストレーター、漫画家の安倍吉俊。そのノスタルジックな世界観によって構築されるアートワークスに、魅了されるファンは国内外問わず多くいる思います。私もその1人です。

私は彼がオリジナルキャラクターデザインを務めたTEXHNOLYZEという作品が大好きで、それについて語る記事を書きたいなと思った次第です。今回はその「TEXHNOLYZE」に出逢うきっかけになった安倍吉俊、ないしは安倍吉俊に出逢うきっかけになった話をしたいと思います。

 ※この記事には所謂「自分語り」が含まれます。苦手な方はご注意を

 

 

目次 

 

 

││serial experiments lain

www.youtube.com

中学生の時、ニコニコ動画で所謂「アニメOP集」の動画を観ていました。その動画にたまたま入っていたのがlainのOPでした。それを観た私は、これまで観てきたアニメとはまるで一線を画す表現に衝撃を受けた、と言うよりはlainに心を鷲掴みにされたような感覚がありました。当時、私と言えば中二病全盛期(今もだけど)且つ、萌えアニメ厨だったので、lainショックとも言えようか、強く引き込まれる何かがありました。

その後、本編を視聴しますが、その難解で複雑なストーリーに挫折・・・。でも、大好き。また今度、観返したい。

 

 

││安倍吉俊

www.wani.com

lainのOPに衝撃を受けた私は当時、美大に通っていた先輩にこの衝撃を伝えました。すると、先輩もlainを知っていたようで、ご厚意で大学の図書館からある画集を借りてきてくれました。それがlainでオリジナキャラクターデザインを務めた安倍吉俊の「垓層宮」でした。

正直に言いますと、この「垓層宮」には衝撃を受けました(特に表紙のイラストに)。こんな素晴らしい絵を描く人が居るのかって。その重厚で深層心理に問いかけるような微妙で繊細な表現。奥深くどこか寂しくて、世界の中に音や空気のみならず、情緒や歴史まで感じさせる表現に感銘を受けました。

恥ずかしながら「自分もこの人のように絵を描きたい」と思って始めたのが、今も趣味で続けているイラストだったりします。彼は私がイラストを描く理由の1つです。

*因みに当時、先輩は「LASTEXILE」などで知られる「村田蓮爾」の画集も借りてきてくれました。私は彼のファンでもあります。

*「垓層宮」の表紙はスマホのロック画面の背景にしてる。

 

 

││灰羽連盟

www.youtube.com

垓層宮に衝撃を受け安倍吉俊を知って、色々と彼についてインターネットで調べていたら、彼の代表作でもある灰羽連盟というアニメを知りました。lainに続いてこれも観てみよう思い視聴しますが、個人的にはヒットしなかったです。と言うのも当時、適当に観てしまっていたし、何より登場人物たちの行動や心理に共感出来なかった。多分それは、私自身の人生経験の浅さや観察力のなさが原因じゃないかと考察しています。でも、嫌いって訳ではないからまた観たい。ネムが大好きです。

 

 

││TEXHNOLYZE

www.youtube.com

もうすっかり安倍吉俊のファンとなりlain灰羽連盟と視聴。調べたところ、安倍吉俊が制作に関わったアニメが他にもあるらしく当時それはTEXHNOLYZENieA_7でした。そこで、単純な視聴難易度の低さと「SF」「荒廃した街と廃墟」「OPがかっこいい」という理由でTEXHNOLYZEを観てみることにしました・・・

 

 

(ノ゚ρ゚)ノ<これが物凄く面白い!!!!

 

 

正直、初めの方は観るのが辛かった。進まない物語に喋らない主人公とヒロイン。だけど、それがむしろ私にとっては新しくて興味深く感じられました。特に映像表現。だんだんと面白くなって来て(特に第6話以降どんどん、その魅力に引き込まれていきました。今では「一番好きなアニメはTEXHNOLYZEって感じです。

 

 

││まとめ

本編概要

・s.e.lainのopに衝撃を受けその後、傾倒。
・画集「垓層宮」がきっかけで「安倍吉俊」に出逢う
TEXHNOLYZEは良いぞ!!!!!!!!!!

 

という訳で、前置きは終了です。次回から私の大好きなアニメTEXHNOLYZEについて語って行こうと思います。(更新ペースはぼちぼちです・・・)

 

sasurainoyama.hatenablog.com